合宿免許の期間について

合宿免許にはさまざまなメリットがありますが、短期間で免許が取得できることも大きなメリットの一つだと言えるでしょう。

実際にどれぐらい短期間なのかというと、AT車で最短14日、マニュアル車の場合だと最短で16日での免許取得が可能となっています。



自宅から通学しながら教習を受ける場合だと2~3ヵ月程度かかるのが普通ですし、長い場合だと半年かかるという人もいるため、それを考えると比べものにならないぐらいの短さだと言えるでしょう。



では、なぜそんなに短い期間での免許取得が可能なのかというと、それは毎日何時間も教習が受けられるようなスケジュールが組まれているからです。

通学の場合だと週に数時間程度しか教習が受けられませんが、合宿免許は短期集中的に教習が受けられます。

それに、続けて教習を受けることができると、運転の感覚を覚えているうちに次の教習が受けられるというメリットもあると言えるでしょう。

さらに免許取得という目的を持って合宿に臨んでいるわけですから、それ以外のことに気を取られることなく集中して勉強に取り組むことができます。

ただし、注意点としては、誰でも最短期間で免許の取得ができるわけではないということです。

最短というのは、あくまでも一番スムーズに教習が進んだ場合のことであるため、スムーズに進まなかった場合は追加教習を受ける必要があり期間が延びてしまいます。


しかし期間が延びた分の教習費等の追加料金はかからない場合が多いため、そうした合宿免許の教習所であれば費用を心配することなく利用できると言えるでしょう。