合宿免許を選ぶことのメリット

合宿免許は、自動車運転免許の取得期間を限りなく短縮できる方法です。

免許を取得する場合、直接運転免許試験場で受験することもできますが、実技試験は厳しく採点されるため、合格は難しくなります。認定されている自動車教習所を卒業すると、運転免許試験場での実技試験はごく一部の受験者のみが抜粋され、ほとんどの受験者は実技試験が免除となることから、自動車学校へ通うのが一般的です。



合宿免許は、合宿専門の教習所が存在するわけではなく、一部の教習所が通常の教習生とは別に、早期に免許を習得する教習生を募集しているものです。

自動車学校では学科教習と実技教習があり、それぞれ第一段階と第二段階を問題なく修了し初めて卒業となるため、卒業までには最短でも3週間程度は必要となる一方、合宿免許は最短二週間程度で卒業となります。これは、通常の通所者と合宿免許とでは、教習生の扱いが異なるためです。


入所の形態に関わらず、ある程度のスケジュールが組まれますが、通常の教習生は短期的な予定が組まれるだけで、実技教習は空いている時に都度予約します。



このため、繁忙期のように予約が殺到する時期は、実技教習ができないために、運転免許取得までにかかる日数が長くなりがちです。

合宿生の場合は入所時に長期的な予定が組まれると同時に、実技教習は優先的に予約されることとなり、自動車の空きが無いために進まないということがありません。

このため、時間が十分にあり、短期で集中的に運転免許を取得する必要がある場合は、合宿免許が選択肢の一つとなります。